「嫌われる勇気」で変わる方法!人見知りでコミュニケーションが苦手なあなたへ

商品リサーチ

「嫌われる勇気」は、アルフレッド・アドラーの心理学を岸見一郎氏が解説した一冊です。この本は、あなたがこれまで正しいと思っていたことが実はそうではなかったことに気づかせてくれる一冊です。

人見知りでコミュニケーションが苦手な自分と重ね合わせながら読むことで、大きな変化をもたらすことができます。

アドラー心理学の基本思想

アドラー心理学の基本思想の一つは「大切なのは何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うかである」というものです。人は例外なく変わることができます。必要なのは自分自身を交換するのではなく、更新して前に進むことです。今の自分よりも前に進もうとすることにこそ価値があります。

私の体験談:人見知りからの脱却

私は人見知りでコミュニケーションが苦手でした。明るい上司のようになりたいと思いながらも、自分には無理だと感じていました。しかし、「嫌われる勇気」に出会い、考え方を変えることができました。「原因論」から「目的論」へとシフトすることで、自分を変えることができるのです。

しかし、この本に出会ったから全てが変わったという事ではありません。子供の頃から異常なほどの人見知りの為、人に話しかけることが出来ないほどのレベルでした。その頃に自分で実践していたことがあります。人間皆、何かしら1つは良い所がある。自分に言い聞かせることでいじめる相手に対しても良い所があると思えたのです。それも長い時間を掛けて一歩一歩前に進む為の行動でした。それによって徐々にコミュニケーションが取れるようになっていきました。

子供との向き合い方

「親子関係では逃げてはならない」という教えもあります。困難に思える関係であっても向き合うことを避けてはいけません。たとえ最終的に関係が断ち切られることになっても、まずは向き合うことが重要です。向き合うとは何でもやってあげることではなく、自分で行動するためのサポートをすることです。

他者からの承認を求めない生き方

「他者から承認を求めてはならない」という考えも紹介されています。あなたは他者の期待を満たすために生きているのではなく、自分のために生きているのです。他者の評価ばかり気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになります。

対人関係の悩みを解消する

「すべての悩みは対人関係の悩みである」とアドラーは考えます。私たちは対人関係からの自由を求めていますが、実際には人と関わりながら生きていかなければなりません。自由とは他者から嫌われることであり、これは勇気が必要です。

縦の関係から横の関係へ

アドラー心理学では「ほめても叱ってもいけない」とされています。ほめる行為には「能力のある人が、能力のない人に下す評価」という側面があるからです。すべての対人関係を「横の関係」とすることで、相互に勇気を持つことができます。

自分を好きになることの重要性

人間にとって最大の不幸は自分を好きになれないことです。「私は共同体にとって有益である」「私は誰かの役に立っている」という思いだけが自らに価値があることを実感させてくれます。あなたがいるだけで幸せな人がいるのです。生きているだけで役に立っているのです。

まとめ

「嫌われる勇気」は、アルフレッド・アドラーの心理学を通じて、自分自身を見つめ直し、変わるための方法を提供する一冊です。人見知りでコミュニケーションが苦手な方や、他者の評価に囚われている方にとって、自己改善と前進のための具体的な手助けとなるでしょう。

アドラー心理学の基本思想である「何が与えられているかではなく、与えられたものをどう使うか」に基づき、自分を更新し続けることの重要性を説いています。また、親子関係や対人関係においても、逃げずに向き合う姿勢が求められます。

他者からの承認を求めない生き方や、対人関係の悩みを解消するための方法も紹介されています。すべての関係を「横の関係」として捉えることで、お互いに勇気を持ち、成長していくことができるのです。

最終的には、「自分を好きになること」が最大の課題です。自分が誰かの役に立っていると感じることで、自分に価値を見出すことができます。この本を通じて、自分自身と向き合い、新たな一歩を踏み出す勇気を持つことができるでしょう。

「嫌われる勇気」を読んで、自分を変え、より良い人生を歩むためのヒントを得てください。この本は、あなたの人生に大きな変革をもたらすことを願っています。

 

 

 

コメント

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました