「自己肯定感低めの人のための本」で自分のありのままに生きる

商品リサーチ

あなたが幼少期に知らず知らずのうちに身につけた心の癖であるメンタルノイズが、自己否定の感覚へとつながっています。幼い頃は自分を守るためのメカニズムだったこのノイズが、大人になると逆に自分を苦しめる原因となっていることが多いです。そんなメンタルノイズに邪魔されない心をつくる実践的な方法を紹介する書籍をレビューします。

メンタルノイズとは何か?

メンタルノイズとは、心の中で繰り返される否定的な思考や感情、雑念のことを指します。これらは集中力を妨げたり、ストレスや不安を引き起こしたり、全体的な精神的な健康に悪影響を及ぼすことがあります。私自身、幼少期に親からの厳しい指導を受け、その影響で自分に対する否定的な思考が常に頭の中でリピートされるようになりました。

自己肯定感の重要性

自己肯定感とは「自分はありのままでいい、生きているだけで価値がある」という感覚です。自己肯定感を高める必要はなく、今の自分に納得することが大切です。例えば、痩せたいと思っている人が心の中で「痩せたら困る」と感じている可能性があるのです。ダイエットに執着していたが、実際には「痩せて注目されるのが怖い」と感じている自分に気づくというものです。

潜在意識とメンタルノイズ

人間の行動の90%以上は無意識に行われています。メンタルノイズも無意識のうちに発動し、あなたが意識していない行動を引き起こします。自己肯定感は子供の頃の教育や育て方が大事で、潜在意識に刻まれた記憶、考え方であるマインドセットは6歳までに作られると言います。私も幼少期に受けた教育や家庭環境が、今の自分に大きく影響を与えていることを感じています。

真面目な人がノイズに邪魔されやすい理由

真面目な人がノイズに邪魔されやすい理由は二つあります。ひとつは、問題を解決しようととことん向き合うから。もうひとつは、決めた事やルールに従順だから。長期間解決しない問題や、何度も失敗する原因の多くはメンタルノイズです。私も真面目に物事に取り組む性格のため、うまくいかないと自分を責めてしまうことが多々あります。

ノイズを受け入れることの重要性

ノイズを受け入れるかキャンセルするかは自分次第です。ノイズに気がつき、自分でどうするかを決めることで「自分らしく生きている」「自分の人生を生きている」という感覚を得られます。これが自己肯定感です。私自身、ノイズに気づき、それを受け入れたりキャンセルしたりすることで、少しずつ自分らしさを取り戻すことができそうな気がします。

書籍で紹介されている14のメンタルノイズとその対処法

この書籍では14のメンタルノイズを紹介し、その対処法も示しています。

私に当てはまるノイズとして、【ダメ出しノイズ】【ありのままの自分封印ノイズ】【思考停止ノイズ】【他人ファーストノイズ】が挙げられます。

【ダメ出しノイズ】はダメ出しを繰り返される環境で育った人によくあり「自分は大事な存在じゃない」と思う癖がついてしまう。

【ありのままの自分封印ノイズ】は誰かの理想を押し付けられる環境で育つとつくられ、「ありのままの自分でいるとダメ」だから、他人の評価を気にし過ぎて、他人が承認する自分になろうとする。

【思考停止ノイズ】は自分が思っていても過保護・過干渉の親やまわりに、なかば強制的に決められる経験が多くなると「自分は考えない方がいいんだ」と思うようになり、自分で考えないクセがつく。

【他人ファーストノイズ】は家族に気を遣う環境で育つとつくられ、自分を後回しにして他人優先で考えるようになる。

自分に当てはまるノイズがあるはずですので探してみてください。。

これらのノイズに気付くことで、自己否定感を減らし、自分自身を大切にすることができるのです。

裏表思考法でノイズを克服する

ものごとには必ずメリットとデメリットがあります。「うまくいったら実は困ること」や「うまくいかないほうが実は得すること」が存在します。この二つのパターンで考える裏表思考法を実践すると、潜在意識に隠れている「実現したいけど、実現した時に困る」という思いに気づくことができます。普通、実現したときに困ることなんて考えないため、意識的に裏表思考をしなければ、心のノイズに自分で気付くことができません。もし気付かないと、最終的には自分を責めることになり、これはとても怖い話だと思います。

裏表思考法で浮かんだネガティブな言葉を出し尽くすことで、どこかで底打ちし、自然とポジティブに変わります。これにより、自分を責めることなく、メンタルノイズの影響を受けないようにすることが可能です。

自己改善のエクササイズ

メンタルノイズに影響されやすい人には、真面目な人が受け身なクセをなくすためのエクササイズが10個紹介されています。すぐに始められる一番簡単な方法は「テレビのながら見禁止」です。これにより、ノイズの増幅を防ぎ、自分の思考に集中することができます。私もこのエクササイズを実践することで、心のノイズを減らし、自分の時間をより有効に使えるようにしていきたいと感じました。

まとめ

結果が悪くても、そのまま受け入れることが大切です。自分のありのままに生きることは、自分のダメなところも認めてあげるということです。この書籍を通じて、メンタルノイズを和らげ、自分自身を大切にしてください。

 

 

 

コメント

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました