ガードナーベルトで痩せた!効果と使い方のコツを解説

情報

ガードナーベルトとは、特定の部位に装着することで姿勢改善をサポートするアイテムです。本記事では、ガードナーベルトで痩せるのか?効果や使い方のコツについて詳しく解説します。

購入は公式がオススメです。
14日間無料で交換返品対応、調整する背中の紐が切れても3年間何度でも無償で貰えます。

ガードナーベルトの効果とは?

ドローイン効果が期待できる

  1. 体幹の強化:
    • ドローインとは「お腹を凹ませる」という意味をもつ動作で、腹横筋をはじめとする体幹の深層筋を鍛えるのに有効です。これにより、姿勢が改善され、腰痛予防にも役立ちます。
  2. 筋肉量の増加:
    • 体幹の筋肉が強化されることで、全体の筋肉量が増えることがあります。筋肉量の増加は基礎代謝を上げる一因となり、結果的にエネルギー消費が増加します。
  3. 呼吸の改善:
    • ドローインを行うことで、呼吸筋も鍛えられ、呼吸が深く効率的になります。深い呼吸はリラクゼーション効果があり、ストレスホルモンの減少を助け、新陳代謝を安定させる可能性があります。

ガードナーベルトは姿勢をサポートする設計がされており、自然と姿勢が良くなります。良い姿勢を保つことは、腹筋や背筋を意識的に使うことにつながり、結果的にこれらの筋肉の強化にも役立ちます。

3. 筋肉のサポート

運動中にガードナーベルトを装着することで、筋肉への負荷を分散し、ケガの予防やトレーニングの効果を高めます。特にウエイトトレーニングやランニングなどの際に有効です。

ガードナーベルトの使い方のコツ

ガードナーベルトの効果を最大限に引き出すためには、正しい使い方が重要です。

1. 適切な装着時間

ガードナーベルトは長時間の装着は避け、1日1〜2時間程度が理想的です。長時間の装着は逆に体に負担をかけることがあります。

2. 適度な締め付け

ガードナーベルトをきつく締めすぎると血行が悪くなります。適度な締め付けを心がけ、快適に装着できるようにしましょう。

3. 運動と併用

ガードナーベルトを着用しているだけで痩せるのは難しいです。持続的な運動と併用することで、より効果的にダイエットを進めることができます。日常のエクササイズにガードナーベルトを取り入れて、効率よく脂肪を燃焼させましょう。

骨盤ケアとトレーニングでは着用の方法が異なりますので動画を参考にしてください。

正しいサイズの選択

    • サイズガイドの確認: メーカーのサイズガイドを参考にし、自分に合ったサイズを選びましょう。
    • 試着の推奨: 可能であれば試着をして、フィット感を確認することが理想的です。

サイズを25㎝延長できるアイテム

着用の快適さ

ガードナーベルトは、軽くて通気性の良い素材を使用しているため、長時間着用しても快適です。ユーザーからは以下のような評価が寄せられています。

  • 素材の柔軟性: 柔らかくてしなやかな素材が使用されており、一日中着けていても違和感がないという声があります。
  • 通気性の良さ: 通気性が良い素材を使用しているため、蒸れにくく、長時間の使用でも快適さを保てます。
  • 動きやすさ: 軽量で動きを妨げない設計のため、日常の活動を制限することなく使用できます。

ガードナーベルトを使ったおすすめの運動

ガードナーベルトを使って行うと効果的な運動をいくつか紹介します。

1. ウォーキング

ガードナーベルトを装着してウォーキングを行うことで、腹部や腰回りの脂肪燃焼を促進できます。普段のウォーキングに取り入れるだけで、効果を感じることができます。

2. ヨガ

ガードナーベルトを装着してヨガを行うと、姿勢のサポートだけでなく、腹筋や背筋のトレーニング効果も高まります。

3. 軽い筋力トレーニング

腹筋やスクワットなどの軽い筋力トレーニングと組み合わせることで、より効率的に筋肉を鍛えることができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARUNA🍈(@melon_867)がシェアした投稿

ガードナーベルトを産後使用される方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

ガードナーベルトは、適切な使い方と選び方をすれば、ダイエットや姿勢改善に大きな効果を発揮します。特に運動と組み合わせることで、その効果を最大限に引き出すことができます。
ガードナーベルトを使って理想の体型を目指し、健康的なライフスタイルを楽しんでください。

 

コメント

PAGE TOP
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました